申込⽅法など

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について

新型コロナワクチンの接種を受けた方で、海外渡航のためワクチンを接種済みであることを示す公的な証明が必要な方に対し、予防接種法施行規則に基づき、予防接種証明書を発行します。

受付方法

予防接種証明書(ワクチンパスポート)の申し込みは郵送で

来所による感染リスクを軽減するため、予防接種証明書(ワクチンパスポート)の申し込みは郵送で受け付けています。

  • 申請書類の到着後、原則、1週間以内に証明書を発送しますが、書類不備や接種事実の確認ができない場合などは、発行に時間が掛かりますので、ご留意ください。
  • 返信用封筒(返送先住所を記載し必要な額の切手を貼付したもの)の同封漏れがないようお願いします。

1週間以内に渡航予定のある方など緊急に発行を希望する方は、問い合わせ先(中央区新型コロナワクチンコールセンター)にご連絡ください。

対象者

中央区に住民票がある方で、海外渡航の予定があるワクチンを2回接種済の方

予防接種証明書は、接種日に住民票が所在した市区町村に申請する必要があります。

1回目接種と2回目接種の間に転居された場合、いずれか一方の接種に係る予防接種証明書のみが中央区で発行可能であり、もう一方の接種に係る予防接種証明書については、接種当時に住民票が所在した市区町村に申請する必要があります。

住所地外接種の申請をして、中央区外に住民票がある方が中央区内で接種した場合の申請先は、中央区ではなく、接種券を発行した住民票所在地となります。

必要書類

  1. 申請書
  2. 旅券(パスポート)の写し(旅券番号・ローマ字氏名が確認できるよう複写されたもの)

    予防接種証明書に記載する氏名の表記は旅券の表記と同一となるため、旅券と異なる表記を希望する場合は、旅券の記載事項の変更手続き後に申請してください。

    旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合

    旧姓・別姓・別名を確認できる書類(旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など)が必要です。

    接種済証等に記載されている氏名が通称名など、旅券と異なる場合

    旅券に記載されている本名と通称名の関係が確認できる書類(マイナンバーカード、住民票の写しなど)が必要です。

  3. 接種事実を確認できる書類(接種済証、接種記録書等)の写し
    予防接種証明書の発行には接種事実の確認が必要となります。接種事実を確認できる書類がない場合は、証明書の発行までにお時間をいただく場合がございます。
  4. 返信用封筒(返送先住所を記載し、必要な額の切手を貼付したもの)
    返送先が住民票の住所と違う場合、返送先を確認できる資料(返送先住所が記載された本人宛ての公共料金領収書や郵便物の写し、賃貸契約書の写しなど)を添付してください。
    なお、証明書はA4サイズでの発行としていますので、返信用封筒の選択の際にご参考ください。
  5. 委任状と代理の方の本人確認書類の写し
    本人以外の方が手続きをされる場合、代理の方に委任していることを証する委任状が必要です。
    16歳未満の方については、法定代理人(親権者・未成年後見人)の方からの申請が必要です。その場合、委任状は不要です。法定代理人の本人確認書類の写しが必要となります。

申請書と委任状は原本、その他の書類は写しでも可能です。

申請書と委任状の書式は、中央区保健所(健康推進課)、区役所(まごころステーション)、日本橋特別出張所、月島特別出張所、日本橋保健センター、月島保健センターでも配布しています。

申請方法

郵送申請

申請書に必要事項を記入し、必要書類を同封のうえ、以下の宛先へ郵送してください。
申請書は中央区保健所健康推進課窓口でも配布しております。

〒104-0044

東京都中央区明石町12-1

中央区保健所健康推進課 ワクチンパスポート担当 行

申請受付開始日

令和3年7月26日

問い合わせ先

  • 制度全般に関すること
    新型コロナワクチンコールセンター(国)
    0120-761-770
  • 申請に関すること
    中央区新型コロナワクチンコールセンター
    0120-421-062